会社方針

基本方針の3本柱

1)お客様の期待・要望に耳を傾け、小国技研の洗浄技術と社員全員の協力でその要求を満たす仕事を提供する。

2)洗浄技術を駆使し機能回復に努め、住民の方々が安心安全な生活を過ごせる様に貢献する。

3)法令・規則を巡視し、安全第一で無事故・無災害での業務を遂行する。


代表よりご挨拶

   『努力を惜しまず、いい仕事を!』で災害防止に貢献したい

CEO

 

当ホームページをご覧頂き誠に有難う御座います。

 はじめに、皆様には常日頃より多大なご支援ご協力を賜り、厚く御礼申し上げます。     

 昭和60年に創業した当社は、山間部の地すべり地帯における『集水井戸』の清掃作業を主業務としております。地すべり防止工事の現場作業を経て、徐々に資材・機材を整え本格的に専門業者としての技術を確立し、平成4年1月に法人化『有限会社小国技研』を設立し、現在に至っております。

 地すべり地帯の水抜き施設は、施工して数年経つと水を集めるパイプが草・木の根や水質によるスケールが付着し、集水機能が著しく低下してしまいます。その結果、地下水位が高くなり地すべり面に水が溜まることで、滑りが誘発されます。当社では、集水機能が低下した集水井戸内や地表面のパイプ内を超高圧水で清掃し、目詰まりを除去する技術作業をしております。また、集水機能の回復を目的に専門に手掛けております。平成19年には、深井戸(工業用・農業用・消雪用など)の洗浄(ジェッテング工法)にも取り組み、取水能力の回復にも実績を重ねております。

 地すべり防止工事は公共工事ということもあり、安全対策や現場周辺での環境対策にも万全を期するよう努力しております。地元住民の生活を守り、そして安心安全に日々を過ごして頂けるように力を注いで参ります。

 各業者様に是非ご利用して頂きたく、日々検討や技術の向上に取り組んでおります。これからも社員一丸で努力を惜しまず、そして設備の充実などあらゆる面で改善・改良に努めながら『いい仕事』をモットーに、災害防止に貢献して行きたいと考えております。